メイクアップアーティスト寺長根愛さんのメイクレッスン♫

先日、メイクアップアーティストの寺長根愛さんのメイクレッスンに行ってきました!
私にとって、人生で初めてのメイクレッスンだったんです。

今まで、メイクは得意な方だと漠然と思っていましたが、きちんとしたメイク知識はなかった私。

モニター活動をしているコスメニストでは、ファンデーションや口紅などメイク用品の口コミもあるので、いつかはメイクの口コミもできたらいいなと思っていたんです。




そんな時に、セミナープロデューサー藤原聡子さん主催の寺長根愛さんのグループレッスン&ランチ会のお誘いを受ける機会がありました。

寺長根愛さんは、札幌を拠点に活動するメイクアップアーティストで、テレビ業界や舞台、ブライダル、専門学校講師、メイクブランド「Ai TERANGNE」の化粧品開発を手がけるなど、マルチに活動されている北海道を代表するお方なんです!

寺長根愛さんです!

メイクレッスンを受けて、今までの間違っていたメイク知識を正すことができましたし、プロの方に教えてもらうことは、やっぱり違うな〜と思いました。

ということで、人生初のメイクレッスンの体験談を書いていきたいと思います!

グループレッスンだけど、個別に近いマンツーマン指導

私が受けたメイクレッスンは、グループレッスンというタイプでした。
私を含め6人と少人数だったのでほぼマンツーマンに近く、愛さんが一人一人順番に回りながら、メイク指導をしてくれました。

流れは、スキンケア→ベースメイク→アイメイク→チーク→ハイライトと受講者が一人ずつお手本になって、愛さんにメイクをしてもらい、それを見ている他の受講生の方が自分でメイクをしていくというスタイルです。
お手本になっている人も半分だけ愛さんにしてもらい、残りの半分は自分でメイクをします。

奥が深い!ベースメイクの大切さ

愛さんがおっしゃっていた、スキンケア=プレメイク。
肌をしっかり潤わせてからメイクを行うことで、メイクの持ちは格段と良くなるとのこと。
ベースメイクは、朝つけてできるなら夜まで長く持たせたいですよね。

そのためには、ベースメイクはスキンケア、下地、ファンデーション、コンシーラー、フェイスパウダーと一連の流れとして重ねていくことが大切だということを学びました。

そして、一番感銘を受けたのはベースメイクの蓋をするフェイスパウダーです。
しっとりした粒子の細かいパウダーを使うことで、ベースメイクの完成度が一気に上がりました。
今までのフェイスパウダーの概念が覆るほどの衝撃でした。

メイク教室に持っていくメイク道具

メイク教室は、ベースメイクから行う内容のものであれば、すっぴんの状態から始まります。
開催場所へ行くまでは外を歩くので、メイクをして行く方が多いのではないかと思います。

なので、シートタイプのメイク落としは持っていけば良かったかなと思いました。

フルメイクのメイク教室で持っておきたいメイク道具
スタンドミラー、メイク落とし、下地、ファンデーション、コンシーラー、フェイスパウダー、アイブロウペンシルやパウダー、アイライナー、ビューラー、口紅、チーク、ハイライト

もちろん、借りることが出来たので大丈夫だったのですが、自分のものを使うことでスムーズに受講できますし、講師の方との距離が近ければ、空いている時間に自分が使っているメイク道具の質問や疑問も聞けるので良いと思いました。

クロスホテルのランチ

マンツーマンに近いグループレッスン。
10時〜13時までメイクレッスン、13時〜15時までがランチ会でした。
開催場所は、クロスホテルという時計台すぐ近くのスタイリッシュな近代的なホテルの2Fミートラウンジでした。



見た目も美味しそうだけど、味ももちろん美味しかったです(*^-^*)
終了後は、全員で愛さんと一緒にランチを食べました。

アメリカにメイク留学した時の話、いつメイクアップアーティストになろうと思ったか、世界でどの国が美容やメイクの最先端をいっているのかなど貴重なお話を聞くことが出来ました。

プロから教わるメイクの基本を知ることでいつものメイクに自信がつく


メイクレッスン終了後の私です。
写真では少し分かりづらいですが、アイメイクもチークもいつもよりしっかりめな仕上がりです。
しっかりめだけど、厚化粧に見えない上級者メイクを学ぶことが出来ました(*^-^*)

今までのメイクの疑問も解決出来たし、メイクの基本を教えてもらうことが出来て、自信がついたと感じました。
愛さんの教え方は、とても分かりやすかったし、一人一人丁寧に指導していただいて、とてもためになるメイクレッスンでした。
メイク教室って、前までは少し敷居が高いと思っていたのですが、やっぱりプロの方に教えてもらうことって大事だなって思いました。

長くなりました最後までお付き合いいただいてありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です