美肌効果のある美味しいグリーンスムージーのレシピ

手軽に野菜のビタミンや食物繊維、酵素などを摂取できるスムージー!
エイジングケアや便秘解消、美肌効果もあるということで、以前から気になっていたので、作ってみましたよ♫

ということで、今回は、スムージの効果と作り方や飲んだ感想など、紹介していきたいと思います!




海外セレブやモデル達を虜にする女性に嬉しい様々な効能


今や世界中の美を追求する女性の間で、大人気のスムージー!
日本でも、ジューススタンドができるほど、スムージー文化が浸透しつつあります。

1度に野菜や果物の栄養をたくさん摂取できて消化吸収も良い

成人の男女1日の野菜の摂取量は、350g、果物は、200g。
スムージの場合、この1/3〜1/2の量を1度に摂取できるので、とても簡単に栄養補給ができるんです!

また、ミキサーで細かく砕かれていたり、炭水化物や糖質が少ない野菜や果物を選べば、消化の負担が少なく、吸収も良くなるんですよ♫

美容に嬉しいビタミンや抗酸化作用のある栄養を手軽に摂取できる

生の野菜や果物でしか摂取できない栄養を手軽に補給できるということ。
特に、熱に弱いビタミンCは、生で取らないと効果が発揮されないので、スムージーはとてもおすすめの飲み方なんです!

ビタミンCは、抗酸化作用や、肌内のハリや弾力の元となるコラーゲンの生成をサポートしたり、シミを薄くしてくれたりと美肌効果のある栄養素なので、女性は積極的に取っていきたいですよね♫

また、野菜や果物に多く含まれている強い抗酸化作用のあるビタミンEや緑黄色野菜に含まれるβカロテンは、体内でビタミンAに変わり、肌の粘膜を修正したり、肌の生まれ変わりを整える美容&美肌効果もあります。




作り方

基本のグリーンスムージーの作り方

  1. バナナ 1本、キウイ 1個、サラダほうれん草 1/4束、水 150mlを細く切る。レモンはお好み!
  2. 水分量の多いものからミキサーに順に入れ、粉砕する。

レモンを半分も入れたら、とても酸っぱくなったので、これの半分くらいでいいと思います(笑)バナナは、糖質が多めですが、食物繊維も多いので、血糖値は急激に上がりにくいとのこと。

果物の中でもビタミンCの含有量が多いキウイとレモン、鉄分が多いほうれん草を入れてみました!ほうれん草の代わりに、ビタミンCやビタミンEの豊富な小松菜を入れるのもおすすめですよ♪

飲んだ感想♫


今まで、ファイトケミカルスープとして、毎日のように野菜の栄養は取れていたのですが、熱に壊れやすいビタミンCは、あまり取れていなかったかもしれません。

野菜と同じように果物も1日の摂取量があるということも知らなかった私でも、スムージーなら一遍に野菜も果物もたくさん取れることがわかったので、毎日続けられそうな予感がします♫

それと、スムージーの中に、こそっと甘酒を忍ばせると、甘酒と野菜、果物の栄養を一気に取ることができるんですよ!
甘酒は、1食分に置き換えれるほど栄養価が高い飲む点滴といわれているので、朝食はスムージー1杯だけにする置き換えダイエットもできますよね♫

良かったら、下記のリンクから関連記事をご覧下さい!
飲む点滴!ヨーグルトメーカーを使った米麹甘酒の作り方

まとめ

いかがでしたか?

今回は、基本のグリーンスムージーを作ってみましたが、アレンジ次第で色んな種類のスムージーができるのも魅力の一つですよね!
美肌を作る上で欠かせないビタミン類が豊富な野菜や果物を効率良く摂取できるので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました!

引用元:日経ヘルス 5月号 2017




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です