水を飲むことで健康になれる!一日に必要な水分摂取量とは?

水を飲むだけで驚くべき健康効果あるということを知っていますか?

普段何気なく飲んでいる水ですが、知らぬうちに水分不足に陥っているかもしれません。
水分が不足すると、様々な体の不調に繋がってしまうので、一日に必要な水分量を毎日摂取することが大切です。

水を飲む健康について詳しく書かれていますので、良かったら下記のリンクも一緒にご覧下さい。
水を飲むことで健康になれる!体に嬉しい10のメリット

では、どれくらい一日に水分を摂取すればいいのでしょうか?

未来
ということで、今回は健康になるために、一日に必要な水分摂取量について書いていきたいと思います!




1日に約2.5ℓの水が体を出入りしている


1日に体の出入りする量は、2.1〜2.6ℓといわれており、市販の大きなペットボトルの約1本半に当たる量です。

体内の中で水は、血液と共にに全身に行き渡る際、酸素や栄養素を運び、老廃物を回収する働きがあり、水分が不足してしまうと、代謝がスムーズに行われず、様々な体の不調に繋がることに。

全身の体内の水分量の調節を行なっているのは、腎臓なので、腎臓に病気を抱えている場合、体内の水分量のバランスも崩れてしまいます。

体内に入る水分は飲料水と食べ物


水が体に入る経路は、基本的に口から入ってきます。

飲料水での一日に必要な量は、1〜1.5ℓの水を飲料水で取り入れる必要があり、食べ物そのものにも水分が含まれているので、食べ
物から水分を摂取することで800ml、代謝によって体内で作られる水が300mlと、一日に必要な体内水分量は、合計で約2.5ℓでまかなわれているのです。




体内の水を排出する4つの機能


体内の水から出ていく経路は、主に4つあります。

尿から排出される

最も多いのが尿。
一日に排出される量は、体内の約半分が膀胱から排出されます。
膀胱のトラブルは、体内の水分のバランスが崩れやすくなるので注意しましょう!

汗から排出される

真夏の暑い日や運動後に汗は大量にかいてしまうので、その分体内の水分が失われてしまうことに。
水分を補給しないと、脱水状態になり熱中症などの病気を引き起こしてしまいます。

吐息から排出される

一日の呼吸の回数は、約200万回といわれおり、その結果、約コップ2杯分もの水分が排出されているのです!

便から排出される

便の中にも水分が含まれています。
食中毒で下痢が続けば、それだけ体内水も減ってしまうい、便秘が続けば、体内の水分も溜まりやすくなってしまいます。

未来
体内の水は、絶えず入れ替わることが大切!
古い水が滞ったり、出るばかりで水分補給できないと体の不調に繋がってしまいます。

体に起こる嬉しい変化


水の入れ替わりがスムーズに行われることで、体に嬉しい健康効果が期待できます!

手足の冷えやのぼせを予防する

手足の冷えは、血液が末端まで届いていないことが原因で起こります。
また、逆に血液が下半身に十分に届かず、上半身だけにのぼることをのぼせに繋がることに。

体内の水分が滞ると、血液がドロドロとなり血の巡りも悪くなるので、必要な水分量を摂取することによって、血の巡りが良くなり、冷え性改善に繋がります!

腸内環境を整え便秘改善

体内の水は、便を柔らかくし、腸内で移動していくのを促す働きがあるので、水を必要な量摂取することによって、便秘解消に繋がります。

また、便秘薬にも配合されているミネラルの一種マグネシウムを多く含むミネラルウォーターは、より効果を発揮してくれるので、便秘持ちの方にはとってもおすすめ!

代謝をアップし老廃物を排出

体内の水は、血液やリンパ液として全身の老廃物を回収する働きがあり、回収した老廃物は腎臓によって、尿として排出されます。
老廃物を溜めないためにも、必要な水分量を摂取して、体内の水を循環させるようにしましょう!

血の巡りを良くし細胞を活性化

血液の半分以上が水分から作られています。

水を飲むと、血液の巡りが良くなり、酸素や栄養素が全身に運ばれることによって、全身の細胞が活性化されるので、活発な細胞を保つことはアンチエイジングにも効果的!

まとめ

いかがでしたか?

一日に必要な水分量は、飲料水だと1〜1.5ℓということがわかりました。
水分不足にならないよう水分摂取をこまめにして、必要な水分量が摂取できるよう生活習慣として取り入れていきたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です