花粉・大気汚染・紫外線をカットする dプログラムアレルバリアBBクリームの口コミ

スポンサーリンク


北海道の春は、本州とは違って、肌寒さが取れない季節です。
本格的な春の訪れは、まだ遠いですが、本州の方はもうすっかり暖かくなっていますよね。
春といえば、花粉が飛び始める季節でもあって、花粉症の方には辛い時期だと思います。
そして、紫外線量も増えるので、UV対策もしっかり怠らないように気をつけないといけません。

そんな肌にとって、デリケートになりやすい春にぴったりのベースメイクを、今回ご紹介したいと思います!

アレルバリアを使った崩れにくいベースメイクの付け方

2016年1月27日に、資生堂のdプログラム シリーズからすでに発売されているアレルバリア BBクリーム。
哺乳瓶みたいなミニボトルが、とてもかわいいですよね。
カラーは、ライトとナチュラルの2色展開。
私はナチュラルよりも明るめのライトのカラーを購入しました。


テクスチャーは、ムースみたいにふわっとして、横にすると垂れてくるぐらい柔らかいです。
伸びも良くて、シルクみたいになめらかなつけ心地!
くるくると肌の上に転がすと、するーっと伸びていき、あっという間に肌に馴染んでいきました。
つけた後の肌は、ペタッと手にくっつく嬉しい感触がします。
潤いのある肌って、長時間たっても少し湿っているぐらいが良い肌状態なので、水分保持力も期待できそうですね。

それでは、dプログラム アレルバリア BBクリームを顔につけていきたいと思います♫
っとその前に、スキンケア後の潤いのある肌にベースメイクをした方が、崩れにくくなるので、スプレータイプの化粧水で潤いチャージしました!

 

スポンサーリンク



ミニタイプのスプレー化粧水を1本ポーチに入れていると、化粧直しの時にとても役に立つと思います。
化粧水だけだと、水分が蒸発して意味がないと思っていたんですが、日中に化粧水スプレーをかけて夕方に肌チェッカーを測ると、かけていない時よりも数値が高くなったので、メイク崩れ防止&水分補給も出来るので、とてもおすすめです!

おでこ、鼻の頭、顎の上、両頬にのせていきます。
手でつけても大丈夫なんですが、厚めのスポンジでつけると、色ムラがなく均一につけることができるんです!

スポンジの厚さが、手の力を吸収してくれるので、手でつけるより肌に優しいんじゃないかなって思います。
もちろん、擦り過ぎは良くないですが、くるくるっと滑らせるように優しくつけるのがポイントですね。

そして、最後にフェイスパウダーでベースメイクの蓋をするのがメイク崩れを防ぐ肝心な作業なんです。
フェイスパウダーは、粒子が細くてしっとりしたタイプのものを選んでみて下さい!

付けた感想

アレルバリアを付けた後

ベースメイクを選ぶ上で、できるだけUV効果は備わっていてほしいですよね。
なぜなら、紫外線は、肌の老化の約80%を引き起こす原因といわれているから!
そして、肌に刺激の強い紫外線吸収剤も入っていないのも、嬉しいポイントです。

ちりやほこり、花粉、大気汚染をバリアし、紫外線防止効果(UVA40、PA+++)もある上、敏感肌の方も使える低刺激タイプと…万能に近いぐらい優秀なアレルバリアBBクリーム。

ぜひ、この機会に試してみては、いかがですか?

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です