汗をかきやすい夏のスキンケアと崩れないベースメイクのやり方

スポンサーリンク


夏の暑さで汗がかきやすくなることによって、ベースメイクの崩れが起きやすい自体に…。

未来
ということで、今回は、夏の崩れないスキンケアやベースメイクのやり方について書いていきたいと思います!

スキンケアでしっかり保湿させてベースメイクの下準備

崩れないベースメイクを作るには、スキンケアをしっかり重ねることが大切です。

水分をたっぷり含みもっちりとした肌は、次のステップのベースメイクの密着力を高める効果があるからなんです。

基本的なスキンケアの順番は、化粧水→美容液→乳液orクリーム。

水分の蒸発を防ぐ蓋の働きがある乳液とクリームは、乳液の方が、クリームより水溶性が高い性質があるので、さっぱりとした使用感。

なので、皮脂分泌が多い脂性肌の方は、乳液の方がおすすめです♫

また、夏は冬と違って乾燥とは無縁と思いがちですが、夏のクーラーが強い室内環境は、肌の乾燥を招いてしまう恐れがあるので、要注意。

特に、乾燥肌の方や肌の自活機能が衰えてくる年齢肌の方は、スキンケアの最後にカバー力のあるクリームをしっかり塗って、肌のバリア機能を高めていきましょう!

朝のオイル美容はブースターがおすすめ!


朝のスキンケアで、ホホバオイルやアルガンオイルなどのオイル美容をするなら、ブースターとして使用することがおすすめ!

オイルそのものは、メイクのよれや化粧崩れに繋がってしまうので、最後に付けることはおすすめできません。

オイルを先に付けてしまうと、その後の化粧水などの浸透が悪くなると思っている方もいるかもしれませんが、高品質な植物性のオイルを使用すれば大丈夫!

良質なオイルの選び方として、オーガニックエキストラバージン(一番搾り)、抽出方法がコールドプレスのものを選ぶようにしましょう!

植物性のオイルの中で、一番おすすめしたいのがホホバオイル
塗るだけで、肌がふっくらとして、ほうれい線が目立たなくなる効果があるので、筆者は、ホホバオイルと化粧水を混ぜて洗顔後の肌に付けています。

詳細を知りたい方は、下記からご覧ください。
エイジングケア・美肌になれるホホバオイルの効能がすごすぎる!

メイク前の耳たぶ回しがおすすめ!

ベースメイクが密着しやすい肌の状態は、肌内の血流が良いことが大切!

上記にも書いたように、クーラーなどの空調で肌が乾燥することによって、肌が冷えメイクのもちが悪くなってしまうことに…。

耳たぶをつかみ、ぐるぐる回すだけで肌内の血流が良くなるので、スキンケアの最後にぜひやってみて下さい!

スポンサーリンク



崩れないメイクは化粧下地が必須!


崩れないベースメイクをするには、化粧下地を省くことは、NG!

化粧下地は、毛穴をカバーしたり、メイクのノリやもちが良くなり、ファンデーションの密着効果もあるので、特に崩れやすい夏のベースメイクには外せません!

テカリ防止の化粧下地がおすすめ

皮脂が分泌過剰する脂性肌の方やTゾーンがテカリがちな混合肌の方は、皮脂吸収ポリマーが配合された毛穴カバー用の化粧下地を部分的に使用するのも◎♫

夏のテカリやすい皮脂の過剰分泌を抑え、さらりとした肌が続きます。

化粧下地にUV効果はマスト!

化粧下地は、UV効果のあるものを使用して、紫外線対策に備えましょう!
紫外線は、肌の老化を引き起こすので、日差しが強くなる夏のUVケアはとっても大切!

日常の使いの日焼け止めのUV指数は、SPF30PA+++があれば十分対応可能です。

くすみはコントロールカラーでリカバー

くすみがちな肌に悩んでいる方は、くすみをカバーし肌をワントーンアップさせるコントロールカラー用の化粧下地が使うようにしましょう!

血色感を出すならピンク、くすみの色ムラをカバーするならイエロー、透明感を出したいならパープルがおすすめ!

カバー力のあるコンシーラーの選び方


シミや目の下のクマなど、隠したい部分にコンシーラーをON!

油分の多い固形タイプのコンシーラーは、カバー力が高いので、特におすすめ♫
小筆でコンシーラーを取り、隠したい箇所に直接狙い撃ちするように付けて下さい。

また、筆タイプのリキッドコンシーラーは、使いやすくて持ち運びにも便利なので◎!
クマ隠しには、オレンジ系、それ以外の箇所は、自分の肌に合う色のものを選ぶようにしましょう!

崩れない夏のファンデーションの選び方


夏の崩れにくいファンデーションは、パウダリー?リキッド?…どのタイプがいいの?と思う方もいるかもしれませんが、一番は、自分の肌質に合ったものを選ぶといいでしょう!

個人的におすすめなものは、油分と粉体のバランスが良いクッションファンデーション♫
密着感がありカバー力も高く、コンパクトタイプだから、手を汚さずにメイクできるのも嬉しいポイントですよね!

乾燥肌の方は、エモリエント効果のあるリキッドやクリームタイプのファンデーション、脂性肌の方は、油分の少ないパウダー系のファンデーションがおすすめです。

ファンデーションの厚塗りは、メイク崩れに繋がるので、薄く肌に重ねるだけで大丈夫!

液体系のファンデーションは、厚めのスポンジでスタンプ押し

リキッド系のファンデーションを肌にのせる際、手の平に適量取り両手で重ね合わせて馴染ませた後、スタンプするように肌に押し当てて下さい。

そうすることで、密着力も増し、こすらずに付けることができます。
馴染ませた後、厚めのスポンジでトントンッとぼかすように整えて完成です。

厚めのスポンジは、手の力を吸収してくれる働きがあり、肌に優しく付けることができるのでおすすめ♫
肌の摩擦は、肌の黒ずみやシミを引き起こす要因があるので、こすり過ぎないように注意しましょう!

フェイスパウダーでメイクの蓋をすることでさらに崩れない

フェイスパウダーは、ベースメイクの最後にすることで、崩れないメイクが完成します!

筆者のおすすめは、粒子の細かいしっとりとしたルースタイプがおすすめ!
陶器のようなマット肌を長時間キープしてくれる優れものなんですよ♫

フェイスパウダーを付ける際の注意ポイントとして、適量をしっかり付けることが大切です。

パフは2枚あるととっても便利!
中蓋を外して、1枚のパフを粉の上に直に取り、もう1枚のパフで余分な粉を落としてから、顔にのせて下さい。

プロのメイクアップアーティストの方もやっているパフの使い方なので、ぜひ参考にしてみて下さいね♫

ファンデーションの化粧直し方法


最後に、汗をかきやすい夏のファンデーションの化粧直しのやり方について、書いていきたいと思います!

化粧直しには乳液を有効活用させて!

乳液に含まれている油分は、化粧を浮かせる効果があるので、化粧を直したいパーツには、乳液で拭き落としてからメイクをのせるようにしましょう。
小さいジッパーに乳液を含ませた綿棒やコットンを、ポーチに入れておくととっても便利なので、おすすめ!

ミストで保湿することが大切

隠れ乾燥肌を招く夏の救世主!保湿効果のあるミスト化粧水は化粧直しの必需品です!
潤いがあり密着感のある肌は、メイク崩れ防ぐ効果があるので◎。

まとめ

いかがでしたか?

崩れない夏のベースメイクを完成させるには、スキンケア〜フェイスパウダーを丁寧に重ねることが大切です!

汗をかきやすい夏は、特にベースメイクが崩れやすくなるので、この機会にベースメイクのやり方を見直してみてはいかがでしょうか!

最後までお付き合いいただきありがとうございました♫

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です