しっとりするけどベタつかない!ポーラBAファンデーション&下地の口コミ

美的10月号の付録についてきたポーラBA新作ファンデーションモイストグローラインシリーズ。
美的やマキアなど、美容雑誌の付録でついてくる化粧品のサンプルは、各メーカーの新作化粧品を使用できる機会が多いので、毎回楽しみにしているんです。

未来
ということで、今回は、ポーラ新作ファンデーションと下地の口コミを書いていきたいと思います!




ポーラBAシリーズとは?


ポーラは、日本で初めてしわを改善する美容クリーム「リンクルショット」を開発した革新的なスキンケア化粧品を販売している国内ブランド。
中でも、ポーラを代表するBAシリーズは、エイジングケアに特化したスキンケアラインとして、人気美容雑誌マキアの2015年下半期ベストコスメを受賞した実績があります。

使用感


美的10月号の付録としてついてきた内容は、ポーラ新作下地2袋とミニサイズのファンデーション1個でした。
最初に、新作下地の方の使用感についてご紹介したいと思います。

テクスチャー


テクスチャーの方は、とても軽いふわっとしたクリーム状をしています!
びっくりするぐらいとても伸びがよく、肌の上でパッと溶けてなくなっていくような嬉しい使い心地♡


ピンク色をしていますが、均一に伸ばすとみずみずしい下地が広がり、肌に透明感をプラス。
付けた後は、肌がとてもしっとりするので、ファンデーションの密着感も良いように感じました!




使用感


続いては、新作ファンデーションの使用感をご紹介したいと思います!

テクスチャー


ファンデーションのテクスチャーは質感がなめらかで、少しペタッとするような潤いのある感触が特徴的!
肌にのせてみて、一番似ているなと思ったファンデーションは、水分と油分のバランスが良いクッションファンデでした。

固形のファンデーションなのに、使い心地は、クリームファンデーションを付けたように肌が保湿されているようなしっとりとした仕上がりは、お肌が乾燥する乾燥肌や年齢肌の方にぴったりのベースメイクだと感じます。

使い方


使い方として、下地を全体的にのせた後、専用スポンジにファンデーションを少量取り、軽く叩くように肌にのせていって下さい。
伸ばしていくというより、ポンポンッとのせていった方が、仕上がりが良くなったように感じました。

シミなど隠したい部分は、念入りにスタンプを押すように重ねると綺麗に隠れるのでおすすめですよ♫

仕上がり


質感がとてもしっとりとしているので、仕上がりはベタつくのかな?って思いましたが、意外とふわっとした仕上がりになりました!
パウダリーのさらったとした感触もありますが、乾燥し過ぎることもなく、ほうれい線のシワも強調されることはありません。

また、ファンデーションを重ねることで、頬骨の上にある小さなシミが、完全に見えなくなったので、カバー力も十分にあると感じます。
固形ファンデーションは、重ねれば重ねるほど、厚塗りになりメイクのよれに繋がってしまうイメージがありますが、ポーラのBAファンデーションは、そのように感じることは一切ありませんでした!

加えて、SPF20、PA+++とUVカット機能がついているので、紫外線防止対策も同時にできるのが、魅力的ですね♫

1日使用した感想

1日使用して感じたこと、それは、カバー力があって長時間崩れなかったことです。
その日は、半日外に出て農作業していたのですが、終わった後も、ファンデーションが崩れなかったことにとても驚きました!

初めて会った人からも「肌が綺麗ですね」といわれるほど、クマやシミが全て隠れたので、今まで使用して来たファンデーションの中でも1、2位を競うほど、カバー力があると思います!

価格設定

最後に、2017年9月1日に新発売されるポーラBAの下地&ファンデーションのお値段をご紹介したいと思います!

  • BAデイセラムMシルキーグロー(左の写真)・・・¥9,720(税込)
  • BAパウダリィバームファンデーションM(右の写真)・・・14,580(税込)ケース付き
未来
最初、高めなお値段設定にびっくりしましたが、カバー力が会って、長時間崩れないので、ここぞという時のお守りファンデーションとして一つ持っておくといいかなと思いました!

まとめ

いかがでしたか?

ポーラのベースメイクは初めて使用しましたが、下地とファンデーション両方とも、使用感がとても良かったので、とても満足した使い心地でした。

お値段的にはかなり高額なので、購入するかどうかは迷いどころですが、カバー力があってサラッとした仕上がりなのに、自然なツヤが続く新感覚なファンデーションは、乾燥肌や年齢肌の方でも満足して使用できるファンデーションだと感じます。

発売日が9月1日とまだ未発表なので、興味がある方は、美的10月号に付録としてついてくるので、この機会に試してみてはいかがでしょうか!

最後までお付き合いいただきありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です