長持ちして崩れにくくなるベースメイクの順番

突然ですが、ベースメイクって何種類使ってますか?
主に、スキンケアの記事を中心に書いてきたので、正直メイクはそこまで力を入れていなかった私(笑)

実は、つい1〜2ヶ月ぐらいまで、UV効果があるBBクリーム一つでベースメイクを完了させていたんです。
もともと20代の頃からくまが気になっていたので、ベースメイク1つだけではカバーしきれないと限界を感じていました。

しかし、プロのメイクアップアーティストの方のメイクレッスンを受けて、きちんとした順番でベースメイクつけることで、カバー力も増し、夜まで長持ち出来るということを学びました。

ということで、今回は、カバー力があって、長持ちするベースメイクの基本をご紹介したいと思います!




スキンケア後にメイクをすぐ重ねることが大切


ベースメイクには、きちんとした順番があるということを知っていますか?
ベースメイクの土台を作る上で、肌が潤った状態でメイクをすると、ノリと持ちが格段と良くなるんです!

今まで、スキンケアはきちんとするけど、その後すぐにベースメイクを重ねず、違うことをしがちでしたが、NG行為だったんです!

スキンケア直後の潤った肌にベースメイクをすることで、メイクが崩れにくいベースメイクの土台を作る鍵になります。
なので、スキンケアはベースメイクの最初の順番と考えて、スキンケア後にすぐベースメイクを重ねていくようにしましょう!




化粧下地&ファンデーションを塗る時は、厚めのスポンジで!

以前まで手でベースメイクをつけていましたが、この厚めのスポンジでつけ始めてから、これ無しでベースメイクをすることが考えられないほど、スポンジづけにはまってしまいました(笑)

この厚めのスポンジを使うことで、手でつけるよりもなめらかに伸びて、色ムラもなく、陶器のように完成された肌に仕上げてくれます。

そして、厚めのスポンジを使うメリットは、ファンデーションを重ねる際に、手の力を吸収してくれるので、手でダイレクトにつけるより優しくつけることができること。
こすり過ぎや肌の摩擦を防いでくれるので、とってもおすすめ!

隠したいところをコンシーラーでカバーする


Threeの筆ペンタイプのコンシーラーを使っています。カラーは、01とORです。

左が01右がOR

私の場合は、目の下のくまが目立つので、くま隠し用のオレンジ色のコンシーラー(筆タイプ)と、普通の肌色のもの2色持っています。
青くま(血行不良型)を隠すには、オレンジ色のコンシーラーを使うとくまの暗い肌色をしっかりカバーしてくれる効果があるのでおすすめ!

それと、コンシーラーで下唇の下からキュッと上向きに線を入れたり、ほうれい線をなぞるように入れることで、口角が上がって見えたり、ほうれい線も目立たなくなるので、こちらもおすすめの付け方なんです♫

もし、オレンジのコンシーラーが浮いて見える場合、その上から肌色のものを重ね付けすると、自然に見えるので重ねてみて下さい。
最後に、スポンジでポンポンと馴染ませると、より自然な仕上がりになります。

フェイスパウダーでベースメイクの蓋をすると崩れにくくなる

フェイスパウダーは、ベースメイクの蓋をする役割があります。
このパウダーの蓋によって、ベースメイクの完成度も数段上がるので、必ず持っておきたい必需品。

私が使用しているものは、UTOWA フェイスパウダー ルーセントです。
フェイスパウダーは、粒子の細かいしっとりしたタイプのものが、とってもおすすめ!
サラサラしたタイプより、しっとりした方がカバー力があって、メイク崩れ防止に繋がるんです。

使い方として、フェイスパウダーの中の蓋を外し、パフにパウダーをつけてから、もう一つのパフと重ね合わて余分なパウダーを落とします。

なぜ、中蓋をわざわざ取り外すのかというと、中蓋の穴から出るパウダーの量が少なすぎてしまうからなんです。
少ないとせっかくフェイスパウダーを最後に重ねても、カバー力が足りずメイク崩れに繋がってしまうので、パウダーをつける意味がありません。

なので、中蓋を外して、直接パウダーにパフをつけて、もう一つのパフと重ね合わせて余分な粉を払い落とすやり方の方が必要な量のフェイスパウダーを使うことができるので、おすすめです。

まとめ

いかがでしたか?
朝、ベースメイクを正しい順番できちんとすることによって、半日以上何もしなくてもメイクが崩れな苦なるので、本当におすすめです。

このメイク法を取り入れるようになってから、メイクのカバー力が上がり、メイクが以前より崩れにくくなりました。
先日、夜遅くまでカラオケに行った日の深夜に鏡を見た時、メイクが全然崩れていなかったことに、驚愕したことがあったんです(笑)

皆さんもこの機会に、ベースメイクの基本を見直してみてはいかがでしょうか?
最後までお付き合いいただいきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です