主治医が見つかる診療所たるみ&むくみを解消するリンパドレナージ




2017年4月24日、テレビ東京で放映された主治医が見つかる診療所「リンパを上手に流して10歳若返るぞスペシャル」にて、紹介されていたリンパドレナージ。

以前自身のサイトでも、リンパドレナージについて書いていたこともあり、リンパの流し方にはとても興味があったので、かじりつくように見ていました(笑)

そして、この日にゲスト出演していた東尾理子さんが、正しいリンパの流し方を習って行った直後、足の太もも、ふくらはぎ、足首全てが平均ー1cm細くなったという驚異の結果を叩き出したんです!すごいですよね!

さらに、正しいリンパの流し方を行うことで、顔や足のたるみやむくみをスッキリさせるだけでなく、免疫力をアップさせて病気になりにくい体に導いてくれる効果もあるので、美容に興味のある女性以外にもお年寄りの方にも、おすすめなんですっ♫

ということで、今回は主治医が見つかる診療所より正しいリンパの流し方を一緒に学んでいきましょう♡

老廃物の排出を促進させる働き

リンパドレナージとは、皮膚の下にあるリンパ管に流れているリンパ液を、手で優しく触れて流す施術のことで、リンパ液に流れている老廃物の排出を促してくれる働きがあります。

医療機関でも行われている正しくリンパを流すポイントは、私達がイメージする揉んでほぐす美容マッサージとは違い、優しく触れて流すことが大切なんですよー!

次に、足と顔の正しいリンパの流し方を見ていきましょう♫

足のむくみを防ぎスッキリ見せてくれる


今回、リンパドレナージを教えていただいた先生は、日本の医療リンパドレナージ界を支える第一人者・後藤学園付属リンパ浮腫研究所の佐藤佳代子所長。

むくんでいる足からリンパドレナージを始めようと思いがちですが、佐藤先生曰く、先にウォーミングアップすることがリンパを流れやすくする秘訣なんですって♪

そのウォーミングアップ法とは、リンパ液の出口・鎖骨周りのリンパ液の詰まりを解消すること!

では、全身のリンパはどのように流れているのでしょうか?
リンパ管は、手から足の爪先まで全身に張り巡らされ、その中をリンパ液が流れており、全身を流れる老廃物をかき集めながら、最終的に鎖骨あたりの静脈に合流するんです。

なので、最初に鎖骨周りのリンパ液を流し、渋滞の解消をすることが先決なんですね!




まずはウォーミングアップ!

そのウォーミングアップ方法とは、肩を回すことです!

  • 前に5回、後ろに5回大きく肩を回しましょう!

肩と一緒に鎖骨もつられて動くので、鎖骨周りのリンパ液が流れるという仕組みなんですよー!
鎖骨周りを動かしただけで、「ポカポカしてきた!」とおっしゃていた東尾さん♫
元アスリートだから、敏感に体が反応するんでしょうね。

肩回しだけで、リンパの出口が解消されて、下半身に変化が現れるなんて、すごい効果ですよね!

太ももの流し方

いよいよ、本番の足のリンパドレナージに移っていきましょう!


1.楽な姿勢で片足を伸ばして座る。もう片方の足は、曲げても伸ばしてもOK!
2.足のつけ根に両手を当て、優しくなでるように回す。
3.続いて、リンパ管が多い太ももの内側を流していく。


4.足のつけ根から膝までの間を3等分に分け、太ももの内側の上の方から両手を置き、優しくなでるように各3回程度回す。
5.終わったら、膝側の内太ももから鼠径部がある上に向かって優しくなでるように流す。

大切なポイントは、リンパ液の出口・鎖骨…つまり、上半身に近い箇所から行うということ!出口に近い所から、リンパ液の渋滞を解消していくことが大切なんです。

  • 手をなで回す時の注意点は、ギュッと手で押し込めるのではなく、手で包むようにふわっと置くこと。
    力の目安は、食器を洗う表面が凸凹しているスポンジの先が凹む程度。手の重みだけの優しい力で十分なんですよー!

ふくらはぎの流し方

太ももが終わってから、ふくらはぎも同じようにしていきましょう!
ふくらはぎは、リンパ管が多く張り巡らされているのが特徴なんです。

1.ふくらはぎも3等分にし、上半身に近い方から両手を当てて、縁を描くように3回程度回す。
2.最後に、つま先から足のつけ根まで上に向かってなでる。

長い時間をかけて一気にやるのではなく、短時間で少しずつやる方が効果的みたいですね!テレビを見ながらなどのながらドレナージでも大丈夫ですよ!大切なことは、継続することです。

太もももふくらはぎも両足、行って下さいね!

顔のむくみとたるみを防ぐ顔の流し方

続いては、女性に嬉しい顔のむくみとたるみを防いでくれるリンパの流し方をご紹介っ♫このリンパドレナージで、血色も良くなり頬もスッキリするので、見た目も若々しくなるんですって!

顔のリンパ液も、最終的に鎖骨のところに戻っていくので、鎖骨周りから始めていきます。

1.両手の中指と薬指を鎖国のくぼみに当てる。
2.くぼみの中をなでるように 五回程度回す。

3.首の付け根と耳の間を2等分に分け、人差し指、中指、薬指を鎖骨に近い側の首の付け根に当て3回程度回す。

4.首の上側に指を当て3回程度回す。

5.終わったら耳たぶの下に指を当て鎖骨へ向けて下へ優しくなでて流す。
6.この行程を3回程度繰り返す。

続いて、耳の前と後ろのリンパ節を一緒にアプローチしていきましょう!
顔のリンパ液は耳の前方と耳の後方のリンパ管に沿って流れていきます。
フォークみたいに人差し指と中指をぴたっと耳を挟むように両手を起き、ゆっくりと回して下さい。

1.人差し指と中指で耳を挟み、手の平全体で3回程度なでるように回す。顔の皮膚も一緒についてくるような感じで動かすのがポイント!
2.終わったら、鎖骨へ向けてリンパ液を流す。3回程度やって終了。

  • 顔だと、化粧水や乳液をつける時に一緒にしたり、
    足だと、入浴中の湯船に浸かっている時や体を洗っている時に一緒にすると、時間短縮になるのでおすすめですよ!

まとめ

顔や足のむくみやたるみを解消するリンパドレナージは、継続して行うことで効果があるので、この機会に試してみてはいかがでしょうか♫
次回は、免疫力をアップさせるリンパドレナージのやり方について、書いていきたいと思いますので、次回もご期待下さい!

長くなりましたが読んでいただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です