主治医が見つかる診療所リンパ呼吸とビーナス運動

スポンサーリンク


前回の記事で、2017年4月24日に放映された主治医が見つかる診療所、「リンパを上手に流して10歳若返るぞスペシャル」、たるみやむくみを解消するリンパの流し方を紹介しました。

良かったら、こちらも一緒に、ご覧下さい!
主治医が見つかる診療所リンパドレナージたるみやむくみを解消する正しい流し方とは?

リンパドレナージは、たるみやむくみを解消する美容効果もありますが、免疫力をアップさせて風邪が引きにくい体にしてくれる健康効果もあるんです♫

病気から体を守ってくれるリンパの働き


今回、主治医が見つかる診療所にて、健康面のリンパの働きについて教えていただいたのは、信州大学医学部 特任教授 リンパ学大橋俊夫医学博士。

大橋博士によると、「健康な体を作って若々しい体を保つためには、リンパがとても大事な働きをしている。」とのことなんです!

免疫細胞リンパ球

皮膚の下の血液に沿って、全身にリンパ管は流れていますが、そのリンパ管の途中にあり、丸く膨らみリンパ液がたくさん溜まっている部分をリンパ節といいます。

そして、そのリンパ節の中には、風邪などの細菌やウィルス等と戦いやっつけてくれるリンパ球(免疫細胞)がたくさん溜まっているので、細菌やウィルスが全身に回るのを食い止めてくれるんですね♫

なので、健康な時に、リンパ球を全身に送ってあげると、病気になりにくい体になるので、日常的にしっかり流すことが大事なんですよ♫

リンパ液が全身を巡る速さ


老廃物を回収しながら全身を巡っているリンパ管。
小さな老廃物は静脈から排出しますが、大きな老廃物はリンパ管から排出されるんです。

リンパ液が全身を巡るのにかかる時間

血液は全身を巡るのに約40秒かかりますが、リンパ液が爪先から鎖骨まで流れるのにかかる時間は、約1日もかかるといわれています。

心臓のような強力なポンプがないので、手首や肘などの硬い関節の部分はリンパが超えづらいので、意識して流すことが大事なんですね!

リンパがちゃんと流れているかチェックしよう!

2つ以上でリンパの流れが悪くなっている可能性があるので、チェックしてみましょう!

  1. 昼間眠くなることが多い
  2. 風邪をひきやすい
  3. 肌のカサつきやくすみが気になる
  4. 口内炎になると1週間以上治らない
  5. 汗をかきやすいが水分はあまり撮らない
  6. 座りっぱなしの時間が長い
  7. お風呂は入浴よりもシャワーで済ますことが多い
また、夜寝ている間にリンパ液がほとんど流れているので、睡眠不足の方は注意して下さいね。

スポンサーリンク



全身のリンパの流れが改善できる方法

乳び槽という内臓の奥の背中に近い所にあるリンパ節は、体の中で最も多くリンパ液がたまる部分なので、乳糜そうを上手に刺激することによって、リンパ液がしっかり流れるようになるんです!

乳び槽を刺激する複式呼吸のやり方

腹式呼吸でお腹が膨らむと乳び槽が押されてリンパ液が流れていきます。
乳び槽にたまったリンパ液とリンパ球を流せば、健康で若々しく病気になりにくい体になるんですよ!

ということで、1日10分やるだけでOK!
寝ながら腹式呼吸するだけの簡単なリンパ呼吸のやり方ご紹介したいと思います。

  1. 横になりヘソのあたりに両手を置く
  2. 腹式呼吸で息を吸いお腹を膨らませる(約7〜8秒)
  3. 息をゆっくり吐きながらヘソのあたりを押す(約10秒)
行う30分前にコップ1杯の水を飲むとより効果的に!
飲んだ水が吸収され、リンパ液がより流れやすくなるので、おすすめです♫

脇の下(腋下)のリンパ液の流し方

脇の下は鬱滞しやすいので、腕をしっかり振ると流れやすくなります。
歩く時に腕を大きく振って歩くようにしましょう!

ビーナスリターンの改善法


ビーナス(静脈)リターンとは、全身から静脈を通って心臓へ戻る血液の流れのこと指します。

足先からのビーナスリターンは、重力の影響に逆らって戻らなければいけないので、特に心臓に戻るのに苦労する箇所。

ふくらはぎや足の筋肉がポンプの働きをしてくれるので、衰えてしまうとビーナスリターンしにくくなることに…。

座りっぱなしのデスクワークや、買い物はインターネットですませることが多い昨今、男女問わず運動不足が増えているのが、ビーナスリターンが悪化する原因なんですよ!

そして、この状態が続くことによって、むくみ、たるみ、冷え、肩こりなどの体に悪影響を及ぼしてしまうんです。

ビーナスリターンの悪化を防ぐ運動

そこで、血管のスペシャリスト、つくば血管センターセンター長日本静脈学会理事長 岩井武尚医師が提唱するビーナス運動をご紹介しますね♫

エコノミー症候群に見られる長時間ずっと同じ場所で動かずにいる状態は、ふくらはぎのポンプ作用が弱まってしまうので、とても危険なんです。

なので、座っている時に、足や足首を動かすことが大事なんですよ!

  1. 椅子に座りかかとを床につけたままつま先を10回あげる
  2. 次に、つま先を床につけたままかかとを10m回あげる

特に、30分〜1時間同じ状態でいることが多いオフィスワークの方や、運動不足の方は、机に座って仕事をしている時や、テレビを見ている時に、ながら運動としてこのビーナス運動を取り入れることをおすすめします♫

まとめ

いかがでしたか?

今回、ご紹介した複式リンパ呼吸とビーナス運動を行うことで、風邪が引きにくくなる免疫力アップに繋がると思うので、継続してやっていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク







2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です