鼻や顔の毛穴詰まりと黒ずみを除去する正しいスキンケア

中学生ぐらいから急に出現した鼻にできた毛穴の黒ずみ
当時は、化粧で隠すこともできなかったので、とてもコンプレックスだったんです。

そして、正しいスキンケアの知識も持っていなかったのと、肌に刺激のある毛穴の角栓をパックで剥がし取る毛穴パックもよくやっていたのもあって、毛穴が開き、角栓の黒ずみが目立ついちご鼻に、長い間悩まされてきました。

そんな私ですが、自分に合った鼻や顔の毛穴詰まりを解消するスキンケアを続けた結果、かなり毛穴の黒ずみが目立たなくなってきたんです!

ということで、角栓の黒ずみを除去するスキンケアや日々気をつけていることなど、紹介していきたいと思いますので、良かったらご覧下さい♫




皮脂の過剰分泌

皮脂の過剰分泌により、毛穴が広がることで、目立ってしまうことが大きな原因です。
特に、鼻や額など皮脂が多い部分は、他の箇所と比べて、毛穴が目立ちやすいのが特徴的。

皮脂が多くなる原因は、男性ホルモンも関係しており、年齢、性別、遺伝、ストレスなども影響していることに…。

また、洗浄力の強い洗顔料やクレンジングでの洗顔や、洗顔回数が多かったり、誤ったスキンケアによる保湿不足や水分補給ができていなかったことによって、肌を乾燥から防ぐため皮脂が過剰に分泌してしまう恐れがあるので注意しましょう!

角栓が詰まっている

皮膚の表面に残っている汚れや古い角質が白い塊になり、皮脂と混ざり合い酸化することによって、毛穴が黒ずんでしまいます。

メイク落としや洗顔が不十分で、肌に汚れが残ってしまうこともあるので、自分に合った適切なスキンケア製品を使うことが大切!

また、鼻や顔の毛穴詰まりが気になって、つい手で無意識に触るクセがある人は要注意!
この行為によって、皮膚の一番外側の角質が厚くなり、毛穴詰まりを悪化させてしまうので、できるだけ触らないようにしましょう!

正しい洗顔方法


洗顔方法なんて、教わらなくても知ってると思う方もいるかもしれませんが、知らないうちに洗顔のNG行為をしている恐れがあるのでご紹介したいと思います!

洗顔は1日2回でOK

汗をたくさんかいてしまう夏だったり、オイリー肌の方は洗顔料を使って何回も洗っている方もいるかもしれませんが、1日2回までに留めておきましょう!

なぜなら、皮膚には、肌の水分を保ち、ウィルスなどの外敵をバリアする働きが元々備わっていて、それらの天然の保湿剤が洗顔のし過ぎによって、洗い流されてしまうからなんです!

洗顔料はしっかり泡立てる

顔の皮膚の厚さは約0.2mmしかない、とても繊細なパーツなので、洗顔料をしっかり泡立てることによって、肌の摩擦を防ぐことができます。

肌のこすり過ぎや力の入れ過ぎによって、肌を傷つけ、シミになってしまう恐れがあるので注意しましょう!

約32℃以内のお湯を使う

洗顔時のお湯の温度は、約32℃が適温です!
熱過ぎるお湯で洗ってしまうと、こちらも肌内の天然の保湿剤が流されてしまい乾燥に繋がってしまうので、冷たく感じるくらいぬるま湯で洗うようにしましょう♫




洗顔料の選び方


肌の潤いを取り過ぎてしまうと、乾燥から肌を守ろうと、皮脂が過剰に分泌する恐れがある
ので、洗顔料の潤いを奪わない低刺激な洗浄成分を使用することをオススメします。

肌に低刺激な洗浄剤を使用する

健康な皮膚の表面は、弱酸性に保たれているので、肌をアルカリ性にしてしまう洗浄力の強い成分は、なるべく使用しないようにしましょう。

肌に優しい洗浄成分

  • 両性イオン型界面活性剤…「〜ベタイン」とつくもの
  • アミノ酸系界面活性剤…「〜グルタミン酸」、「アラニン」、「グルシン」とつくもの
  • 酸性石鹸…「〜カルボン酸」とつくもの

クレンジングオイルは植物油脂がおすすめ

肌の潤いを奪わず、メイク汚れが残らないクレンジングが大切です!
クレンジングの種類は色々ありますが、オイルはオイルでも、不飽和脂肪酸が多く含まれる植物油脂が配合されたクレンジングオイルがとってもおすすめ!

これらの油脂は、人の皮脂にとても近い成分なので、肌に残ったとしても保湿成分として肌の潤いを閉じ込めてくれます。

そして、オイルなので洗浄力もありますし、不飽和脂肪酸のオイルは肌を柔らかくしてくれる効果があるので、毛穴の角栓詰まりにも最適!
皮膚が柔らかくなると、角栓も取れやすくなるので、毛穴詰まりにお困りの方には特におすすめしたいと思いました♫

不飽和脂肪酸を含む油脂

  • アルガンオイルホホバオイルオリーブオイルマカダミアナッツオイル米ぬか油馬油など

ミネラルオイルには要注意!

オイルの中でも、鉱物油のミネラルオイルは、脱脂力がとても高く肌に必要な皮脂や潤いまで洗い流してしまうので、使わない方が無難です。
低コストなクレンジングオイルに良く含まれているので、選ぶ際は注意するようにしましょう!

蒸しタオルクレンジング


札幌で活躍する美容ライター遠藤幸子さんのサイト
アンチエイジングジャーナル〜自分史上最高のを綺麗を叶えよう〜

にて10%以上も水分量アップに成功!朝晩使用している蒸しタオル美容法とは?で紹介されていた蒸しタオル洗顔は、肌の水分量が上がったり、古い角質も落とすことができて、毛穴詰まりや乾燥から肌を守ってくれるので、とてもおすすめです!

蒸しタオルクレンジングのやり方

  1. タオルに水を湿らせ、600W1分レンジで温める。
  2. 顔に植物油脂系のクレンジングオイルを顔に馴染ませる。
  3. 温めたタオルで顔を包み顔を温め、冷たくなったらタオルにメイク汚れが写っているので洗う。
  4. もう一度、レンジで温めてから、蒸しタオルを顔にのせる。
  5. 優しい力で顔全体を蒸しタオルで拭く。額や鼻、口周りを重点的に意識する。
  6. 洗顔料で顔を洗って、終了。

使用するタオルは、高品質な今治タオルがおすすめ!
肌触りがふかふかしてなめらか♫

厚みがあるので熱が冷めにくく、水分と空気をしっかり抱え込んでくれるので、スチーム力が他のタオルと比べて歴然と違いました!

化粧水の選び方


肌が乾燥することで起きる皮脂の過剰分泌を防ぐためには、保湿が一番大切!

加齢に伴う肌の衰えによって、肌の水分量が下がり、より乾燥しやすくなっているので、アラサー以上の方は特に、高保湿力のある化粧水などのスキンケア製品は必需品です。

高保湿力のあるセラミドがおすすめ

保湿成分の中でも、断トツでおすすめなのが、セラミド
肌内に存在するセラミドは、角層の細胞間のすき間を満たしている天然の保湿成分です。

このセラミドが不足してしまうと、水分が失われやすくなり、肌のバリア機能も低下することから、肌が乾燥することに…。

セラミドは様々な種類があり、その中でも「ヒト型セラミド」が、肌内にあるセラミドに似ているので肌に馴染みやすく、高保湿力があるのでとってもおすすめです!

保湿成分一覧

  • セラミドレシチンスフィンゴ脂質プロテオグリカンヒアルロン酸コラーゲンアミノ酸NMFグリセリンBGなど

肌を引き締める収れん化粧水には要注意!

皮脂の分泌過剰を抑制し、毛穴が開かないようにするため、肌を引き締める効果のある収れん化粧水というタイプのものがあります。

収れん化粧水には、さっぱりとして肌がスーッとするような使用感があるエタノールというアルコール成分が配合されていて、この成分は、肌の水分を一緒に引き連れて揮発してしまう弱点があり、肌の乾燥に繋がるのでおすすめできません。

美白効果のあるビタミンC誘導体

美白成分の代表格であるビタミンC誘導体とは、他の美白成分に比べて、比較的低刺激な作りになっているのが魅力的。

美白成分ロドデノールによって白斑事件があったように、肌を白くするという行為は、肌にとって刺激になることがあるので、なるべく肌に低刺激な美白成分を選ぶことをおすすめします。

この美白成分が、紫外線や酸化によってできたシミや黒ずみ、皮脂が酸化して黒くなった角栓を薄める効果が期待できますし、美容液などスキンケアラインに入れるようにしましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
毛穴の黒ずみを目立たなくさせるためには、正しい洗顔方法肌に低刺激な洗顔料高保湿力で美白効果のある化粧品を継続して使用することが大切です。

即効性はありませんが、正しいスキンケアを続けることで、効果は徐々に現れると思いますので、ぜひやってみて下さいね!

最後までお付き合いいただきありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です