皮膚の常在菌のバランスを知ることができるSkinMicrobiomeの体験口コミ

「菌」は、病原性のあるマイナスなイメージを持っている方が多いかもしれませんが、健康な肌にも「菌」はたくさん存在するという事実を知っていますか?
皮膚に存在する常在菌は、肌に良い善玉菌と肌に悪い悪玉菌、両方存在しています。

美肌を保つ上で、大切なこと。
それは、自分の肌に存在する皮膚常在菌の善玉菌と悪玉菌のバランスを知ることで、自分に合った適切なスキンケアをすることです。

そこで、自宅で自分の皮膚常在菌を採取して、検査機関に送ることで、肌状態がわかる検査キッドSkinMicrobiomeを取り寄せてみました!

このSkinMicrobiomeで検査することによって、肌の状態や皮膚常在菌のバランスを知ることができ、自分の肌状態に合った正しいスキンケアのアドバイスを受けることができます。

ということで、皮膚の常在菌についての豆知識とSkinMicrobiomeの口コミをご紹介したいと思いますので、良かったらご覧下さい!

未来
皮膚の常在菌って何?という方もいるかもしれないので、まずは皮膚の常在菌について説明したいと思います!




悪玉菌の黄色ブドウ球菌

健康な皮膚の状態は、弱酸性に保たれています。
しかし、皮膚がアルカリ性に傾いてしまうと、悪玉菌が繁殖し、皮膚炎やかゆみなどが起こりやすくなってしまうことに。

また、傷や膿がある肌状態は、悪玉菌の黄色ブドウ球菌が多いことがわかっています。
美肌になるためには、この悪玉菌が繁殖しない肌状態になるよう、コントロールしなければなりません。

善玉菌と悪玉菌の両方の性質を持つアクネ菌

ニキビの原因菌として知られるアクネ菌ですが、必ずしも悪い働きをする菌ではありません。
アクネ菌は、肌のpHを弱酸性に保ったり、悪い菌の繁殖を抑えたりと、肌に良い役割も担っているのです!

しかし、酸素のない所を好み、詰まった毛穴の中で繁殖すると、炎症やニキビの原因になる恐れもあるので、毛穴詰まりを起こさないよう注意しましょう!

善玉菌の表皮ブドウ球菌

善玉菌の代表格の表皮ブドウ球菌は、酸素を好み、皮膚の上に存在する常在菌。
皮脂をエサに増殖し、グリセリンなどの保湿成分を生み出し、悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。

肌の洗いすぎや乾燥によって、この表皮ブドウ球菌が減少してしまうので、正しい洗顔をするよう気をつけましょう!
参考記事:美肌になる正しい洗顔方法とおすすめの洗顔料ランキングTop3

美肌を保つためには善玉菌と悪玉菌のバランスをとることが大切

肌の善玉菌が減ってしまうと、弱酸性を保つ健康な肌がアルカリ性に傾くことで、悪玉菌が繁殖する不健康な肌状態になってしまいます。

美肌を保つ弱酸性の肌状態にするには、保湿が大切!
潤いのある肌は、善玉菌が元気に活動する状態なので、乾燥対策は怠らないようにしましょう!




善玉菌を減少させない美肌ケア

未来
以下に紹介する美肌ケアを意識して、日々のスキンケアに取り入れてみて下さいね!

洗顔のし過ぎやピーリングをし過ぎないこと

洗顔のし過ぎやピーリングのし過ぎは、肌に必要な潤いが失われてしまうので、注意が必要です。
洗顔は、1日2回までに留めておきましょう!

ピーリングは、AHAやサリチル酸などの酸を使用した化粧品で、古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを正常にする働きがあります。
しかし、酸で肌を溶かして、角質を取り除くように、肌に負担がかかるので、筆者はあまりおすすめしません。

肌をゴシゴシこすったり摩擦しないこと

肌を力強くゴシゴシこすったり、肌を摩擦することで、乾燥を招く恐れがあります。
なので、洗顔やスキンケア時は、優しい力で行うようにしましょう!

また、肌の摩擦は、シミの原因にもなるので、こちらも注意が必要です。

スキンケアは保湿重視

上記でも書きましたが、しっかり保湿された潤いのある肌は、健康な肌を保つ善玉菌が活動しやすい状態なので、保湿力の高いスキンケア化粧品を使うようにしましょう!

特に、高保湿力のあるセラミドが配合されているスキンケア化粧品はおすすめです。
他には、ヒアルロン酸、コラーゲンなどしっとりタイプのものを選ぶようにしましょう!

毛穴つまりを起こさないように気をつける

毛穴がつまると、その中で炎症物質や活性酸素など肌を傷つける因子が発生することに。
甘いものや脂肪の多い食品、ストレスなどが、ニキビの原因であるアクネ菌が異常繁殖する恐れがあります。

食事制限やストレスを溜め込まないなど、気をつけるようにしましょう!

スキンケアにビタミンCを取り入れること

ビタミンCが配合されたスキンケア化粧品の使用がおすすめ!
ビタミンCは、アクネ菌を繁殖する活性酸素を除去したり、アクネ菌のエサになる皮脂の過剰分泌を抑制する働きがあるからです。

ちなみに、ビタミンCの化粧品としての成分名は、ビタミンC誘導体という名前です。

検査キッドの詳細


検査料:10,778円(税込)

上記の写真の3点の検査キッド、採取後の試料保存液管を郵送する封筒(郵送料無料)、利用ガイド、アンケート、検査申込書が入っていました。

採取方法

採取は、寝起きの状態で、洗顔する前に行ってください!
一番下の細長い採取棒の先端を、真ん中の採取補助液入りチューブの液体に浸した後、両頬に20回ずつ、くるくるっと皮膚の上ですべらせて、皮膚片を採取します。


試料保存液入りチューブの中に、採取棒の先端を入れます。

返信用封筒に、検査申込書、アンケート、検査試料を入れ、返送します。
返送してから、約1ヶ月後に結果が送られて来るとのこと。

まとめ

いかがでしたか?
自分の皮膚の常在菌のバランスを知ることで、自分に合ったスキンケアがわかることは、とても大切だと感じました。

1ヶ月後に来るこの検査の結果を参考にして、美肌になれるようスキンケアの見直しができたらいいなと思います。

SkinMicrobiomeの検査キッドは、こちらから取り寄せることができます。
SkinMicrobiome

最後まで読んでいただきありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です