乾燥肌や敏感肌の方必見!化粧落としはオイルクレンジングがおすすめ理由とは?

毎日化粧を落とす女性にとって、クレンジングは欠かせない習慣の一つです。
そして、毎日使うからこそ、自分に合ったクレンジングを使いたいですよね。

皆さんは、どのタイプのクレンジングを使っていますか?
私が使っているクレンジングの種類は、オイルタイプのものを使っています。

今までは、オイルは洗浄力が強いから、使ってはいけないと決めつけていましたが、肌に優しい成分を選ぶことで、オイルタイプが化粧落としを選ぶ上で、一番最適だということがわかりました。

今回は、クレジングの役割や成分、クレンジングを選ぶ上で、なぜオイルタイプの化粧落としが一番いいのかについて書いていきたいと思います。

未来
クレンジングジプシーの方、必見です!




化粧落としをしないことで起こる様々な肌への弊害

クレンジングは、化粧を落とすことを役割としています。

ナチュラルメイクであったとしても、メイクを落とさないで長時間そのままにしておくと、空気中の汚れや皮脂を吸着して酸化し、色素沈着やシミ、くすみ、肌荒れの原因になり、毛穴に酸化したメイクが詰まることで、ニキビや吹き出物もできる恐れがあります。

それと、日焼け止めも、洗顔料で落とせないタイプのものは、そのままにしておくと、乾燥や肌荒れの原因になってしまうので、クレンジングする必要があります。

ほとんどの化粧落としに界面活性剤が入っている理由


様々な化粧品には、崩れにくくするために油分が多く含まれているので、水やお湯、普通の洗顔料では落とすことができません。

油分が多い化粧品を同じ油(オイル)で浮かせることによって、化粧を落とすことができます。そして、その油分を水と中和させる働きがあるのが、界面活性剤なんです。

なので、ほとんどの化粧落としは、油と界面活性剤で作られています。
界面活性剤全てが、肌に悪いというイメージを持っている人がいるかもしれませんが、化粧を落とすために欠かすことができない成分なんです。




知っておきたい化粧落としの種類と特徴

油分のあるメイクを浮かせる働きがあるは油(オイル)で、それを水と中和させて洗い流すのが界面活性剤です。

肌に刺激のある界面活性剤の多く使われている化粧落としは、肌にとって負担になるので、注意して選ぶ必要があります。
様々な種類のクレンジグ剤が発売されているので、タイプ別の特徴を見ていきましょう。

  • クリームタイプ・・・油分と界面活性剤がバランスよく配合されているので、肌への刺激は少ない。
  • ミルクタイプ・・・水分が多いのでなめらかなテクスチャー。肌への刺激が少なく、優しい洗浄力。
  • オイルタイプ・・・界面活性剤によっては、化粧を落とす力が強く、油分も界面活性剤も多く含むので、肌への刺激が強い。
  • ジェルタイプ・・・白く濁った乳化したタイプはクリームタイプに近く肌に優しいが、透明なものは界面活性剤が多く、肌への刺激が強い。
  • リキットタイプ・・・油分が少なく、界面活性剤の量は多めなので、肌への刺激が強い。
  • ウォータータイプ・・・油分が少なく界面活性剤の量が多め、拭き取るタイプなので、肌への刺激も強い。
  • 拭き取りシートタイプ・・・界面活性剤の量が多く、拭き取りの摩擦で刺激も強く、シミの原因になる恐れがあるので要注意!
未来
やっぱり肌への刺激が少ないタイプを選んだ方がいいよね!

洗浄力の強いミネラルオイル

一般的に洗浄力の強いクレンジングオイルに使われているオイルは、ミネラルオイルという成分で作られています。
こちらの成分は、石油からも植物からも作ることができて、とても低コストな成分なので、様々な低価格のクレンジングオイルに配合されているんです。

成分自体が肌に負担となる刺激はありませんが、化粧落としとして使用する場合、洗浄力がとても強くなってしまうのが弱点でもあります。

W洗顔不要の化粧落としは要注意

クレンジング後は洗顔不要という製品もありますが、油性と水性の汚れを同時に落とすことは大変難しく、その分多くの界面活性剤を使用している恐れがあるので、肌への刺激が強い恐れがあります。

そのような化粧落としは、使わない方がいいでしょう。

オイルはオイルでも植物性の油を主成分にしたクレンジングオイルがおすすめ

クレンジングオイルは、乾燥すると考えている方は、かなりいるのではないでしょうか。
確かに、洗浄力の強い界面活性剤を用いたクレンジングオイルは、肌に必要な皮脂や水分、天然の保湿因子も一緒に洗い流してしまうので、おすすめできません。

オイルはオイルでも、おすすめしたいクレンジングオイルは、オリーブオイルやアルガンオイル、馬油などの美容オイルを主成分としたものなんです。

植物性の油脂を使ったクレンジングオイル様々な効能

アルガンオイル、オリーブオイル、ホホバ油などの植物性の美容オイルを主成分にしたクレンジングオイルは、お肌にとってたくさんの効能があるので、書いていきたいと思います。

植物性などの美容オイルとは?
オリーブオイル、アルガンオイル(アルガニアルピノサ核油、コメヌカ油、馬油、ホホバオイル、マカダミアナッツ油など

抗酸化作用成分が豊富に含まれている

アルガンオイルなどの植物性の美容オイルには、たくさんの抗酸化成分が含まれています。
この成分が、オイルの酸化を防ぐので、酸化で変質したオイルによって引き起こされる肌荒れの心配がありません。

化粧落としだけど保湿力がある

植物性の油脂は、人の皮脂の主成分と似ているので、洗い残ったとしてもそのまま肌を保湿してくれる働きがあります。
洗い上がりは、つっぱらずにしっとりとした洗い心地です。

オイルなので洗浄力も十分にある

オイルなので洗浄力もあるので、W洗顔も必要ありません。
洗浄力が低いといわれているクリームやミルクタイプの化粧落としよりも、洗浄力は高めです。

お肌の柔軟効果がある

油脂に含まれるオレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸には、お肌の柔軟効果があります。
お肌が柔らかくなることで、毛穴の角栓が取れやすくなり、毛穴の黒ずみも目立たなくしてくれるんです。

まとめ

いかがでしたか?

クレンジング剤を選ぶポイントとして、ミネラルオイルを主成分とした化粧落としは避けること、植物性の美容オイルを主成分としたクレンジングオイルを選ぶということを、ぜひ試してみて下さい。

長くなりましたが読んでいただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です