本当に効果のある正しい紫外線防止対策と日焼け止めの選び方

冬が終わり春到来、日差しの強さを感じる季節になってきました。
春から夏にかけて、紫外線が強くなってきたから、UVカット対策をしっかりしないと!

と思う方もいるかもしれませんが、曇りや雨の日、日差しが強くない秋から冬にかけても、紫外線は毎日降り注いているので、1年を通して紫外線カット対策は必要不可欠なんです。

ということで、今回は、本当に効果のある正しい紫外線UVカット対策と日焼け止めの選び方について書いていきたいと思います。




UVカット対策はなぜ大事なの?


ここでは、紫外線が肌に悪影響を引き起こす理由や原因、紫外線の種類について書いていきたいと思います。

未来
正しい紫外線対策の知識を得て、一緒に学んでいきましょっ!

紫外線は肌の老化を引き起こす


なぜなら、米国皮膚科学会によると、老化の約80%が紫外線によってもたらされるものだからなんです。

紫外線を浴びることによって、細胞にダメージを与える活性酸素が体内で発生します。
この活性酸素が、肌細胞にダメージを与えると共に、肌のハリや弾力の元となるコラーゲンを生成するコラーゲン繊維やエラスチン繊維を壊してしまうのです。

紫外線について


太陽から降り注ぐ光線は、赤外線やX線など様々な種類がありますが、肌に悪影響を及ぼす紫外線は、主に3つの種類があります。

UVA

一番長い波長を持つ紫外線。紫外線の約9割を占め、肌内の奥にある真皮にまで到達し、コラーゲン繊維やエラスチン繊維を破壊してしまいます。

皮膚が黒くなる日焼け(サンタン)を引き起こし、シワやたるみの原因に繋がります。

UVA量の季節による変化

    • UVAが一番強くなる月は5月で、一番少なくなる月は12月ですが、5月の半分程の量はあるので油断は禁物です。

UVB

UVAよりエネルギーが強く、錯乱性が高いため肌のあらゆる面に降り注ぎます。
肌の一番外側の層の表皮にまでしか到達しませんが、肌細胞にダメージを与えて、赤く炎症を引き起こす日焼け(サンバーン)やサンタン、シミ、そばかすを引き起こしてしまいます。

さらに、肌の水分量が保てなくなり、肌が乾燥する肌荒れの原因にもなります。

UVB量の季節による変化

  • 5月頃から増え始め、6〜8月が最大量になります。
  • 春・夏は、春の半分程度で、冬には約1/5程になります。

UVC

UVBとUVCは、オゾン層でカットされて、ほとんど地上には届きませんが、UVBよりもエネルギーが強く、肌に一番危険な紫外線といわれています。
オゾン層の破壊が進んでいるので、油断は禁物です。

天候による紫外線量の変化


曇りの日だと、晴れの日の60%〜80%、雨の日だと、30%も紫外線量があるといわれています。また、紫外線の反射率は、雪面:80〜90%、水面:20〜80%、砂浜:10〜20%、コンクリート:0〜10%といわれています。

錯乱性のあるUVBのように、紫外線は場所によって反射率も変わるので、日陰にいても反射した紫外線によって、日焼けしてしまうことがあるのです。
特に、雪面での反射率が一番高いように、雪山に行く際は、紫外線対策は絶対に怠らないように注意しましょう

未来
スキーに行くときは、紫外線対策が大切ですよ!




UVケア化粧品による紫外線対策


紫外線がどれだけ肌に悪影響を与えているか、理解していただけたでしょうか。紫外線対策の基本は、UVケア化粧品で予防する方法が一般的ですよね。

ここでは、正しいUVケア化粧品の選び方や効果的なつけ方について、書いていきたいと思います。

効果的なつけ方


日焼け止めは、適量の使用量をつけないとUV効果が発揮できないといわれています。
その量は、皮膚1㎠あたり2mgとされていて、顔全体に塗ると500円玉くらいの量です。

特に、頬からこめかみにかけて紫外線によるシミができやすい箇所は、念入りに全体的にムラなくつけて下さい。

塗り忘れに注意する箇所とは?

  • 耳の裏、襟足、首元部分もきちんと塗るようにしましょう!
UVケア化粧品の効果を発揮するためには、朝に塗ったらそれっきりではなく、2〜3時間おきに1回は塗り直すことが必要です。
メイク直しの際は、UV効果のあるファンデーションなどのベースメイクを重ねることをおすすめします。

正しいUVケア化粧品の選び方


日焼け止めの基本成分は、紫外線(UV)を防止する機能を持っている紫外線防止剤が含まれています。
はじめに、紫外線をカットする値を表す基本用語のご紹介をしたいと思います。

  • SPF・・・Sun Protection Factorの略で、UVBに対する防御指数を指します。
  • PA・・・Protection Grade of UVAの略で、UVAに対する防御指数を指します。

それでは、それぞれの特徴を見ていきましょう!

紫外線吸収剤

科学的に紫外線を吸収し、それを熱エネルギーに変えて周囲に放出するタイプ。
テクスチャーは、透明のオイル状で伸びが良く、白くなりにくいのが特徴で、高いSPF・PA値の日焼け止めに多く入っています。

吸収剤は、紫外線のエネルギーを外に放出するので、肌が乾燥しやすくなり、刺激が強いといわれています。

成分名
メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、オキシベンゾン-3、パーフルオロアルキル(C4-14)エトキシジメチコン、トリフルオロアルキルジメチルトリメチルシロキシケイ酸、フルオロ(C8-18)アルコールリン酸など

紫外線錯乱剤

物理的に紫外線を反射して、肌に届かないようにするタイプ。
テクスチャーは、白いパウダー状なので、肌の色が白くなりやすいのが特徴で、SPF・PA値はあまり高くありません。

錯乱剤は光を反射するタイプなので、低刺激で敏感肌の方でも使えるのが特徴です。

成分名
シクロペンタシロキサン、酸化亜鉛、参加チタンなど

お手頃でお肌に優しい日焼け止めとは?

錯乱剤を使用した日焼け止めはおすすめですが、錯乱剤だけでは高額になってしまい、強い紫外線防止にも対応できません。
紫外線吸収剤は、肌への刺激が強いといわれていますが、吸収剤を避けて紫外線の影響を強く受けてしまえば、逆に肌への負担になってしまいます。

なので、吸収剤が直接皮膚に触れない紫外線錯乱剤で吸収剤をコーティングしているタイプがおすすめです。どのように見分けるかというと、成分表で紫外線錯乱剤が一番上になり、その次に紫外線吸収剤が記載されているものが、そのようなタイプです。

成分表は、上位に配合されているものから記載されるというルールがあります。

パウダーを重ねることで紫外線防止力アップ!


日焼け止めを塗った後に、紫外線を反射する効果のある酸化チタンや酸化亜鉛を含む粉体などのパウダーファンデーションは、紫外線防止力をアップさせる効果があります。

飲む日焼け止めとは?


その名の通り、飲むことで内側から、紫外線対策ができるサプリもあります。
メリットとして、UVケア化粧品による肌の負担を軽減し、塗り直しをしなくても良いところだと思いました。

ただ、比較的お値段は高額ですし、飲み始めてから数日経たないと効果を発揮しないというデメリットもあります。
私は、まだ試したことはありませんが、飲むだけで紫外線対策ができるのは、とても便利だと思うので使用してみたいと思いました。

まとめ

いかがでしたか?
1年を通して、効果的な紫外線対策を続けることが大切ですね。
みなさんがUVケア化粧品を選ぶ際に、今日のこの記事をぜひ参考していただけたら、幸いです。

長くなりましたが読んでいただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です